R+house芦屋は阪神間(神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市など)で
建築家とつくる高性能住宅・高耐久性住宅・ZEH住宅をお手軽な価格で実現いたします。

R+houseについて

CONCEPT

一流の建築家が設計するデザイン性の高い家」「高気密・高断熱・高耐震の高耐久の家
誰もがいつかは住んでみたいと思う理想の住宅。これを手の届く価格で提供できないか。
お客様の想いをカタチにする注文住宅でありながら、様々な工夫でコストを抑える。
そんな発想に基づいて生まれたのがR+houseです。

1

建築家とつくるデザイナーズ住宅

ライフスタイルや価値観を表現するデザイナーズ住宅

住まいは家族が幸せな時を過ごすために、なくてはならない大切な入れ物。
皆さまは、どのような住まいが大切な家族との時間を育んでくれると想像しますか?
豊かな空間…それはどんな空間でしょう?
家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。
更に、R+houseの頼れる建築家は、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。
家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

マイスターズクラブ[建築家ネットワーク]

2

高性能を追求した快適で高耐久な住宅

家族の思い出を刻む高性能住宅

デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら…?
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。
そんな思いを叶えます。

R+houseが提供する “快適な住まい”

“快適な住まい”とは、部屋の中が適温に保たれている家のこと。
暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。
正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、“快適な住まい”は実現できます。
「R+house」には、そのための工夫がたくさん詰まっています。
そして“快適な住まい”は、同時に光熱費も少なくて済むという、嬉しいおまけ付き。
また、暮らす人の健康もサポート。住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

高気密+高断熱+計画換気

快適で高耐久な住宅を実現するにはこの三点セットが不可欠。
住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。

高気密・高断熱にとことんこだわる

住宅を選ぶのに、性能って気になるところ。
それが、家が建った後の住環境に大きな影響を与えます。
「冬暖かく、夏涼しい家」とは?…一言で言うならば性能の良い家のことです。
その為には、住宅の「気密性」と「断熱性」を高めることが不可欠なのです。
R+houseの家は、性能(気密・断熱)にとことんこだわっています!

R+houseの「高気密住宅」とは?

高気密の指標
相当隙間面積

C値

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことです。
住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギー消費が低減できます。また、適切な計画換気がなされるので結露の危険を低くするなど生活環境の快適性を高めた住宅です。
気密の性能はC値という指標で表されます。C値は床面積1㎡当たりの隙間面積(㎠)で示され、値が小さいほど隙間の少ない高気密な家と言えます。

  • 過去の
    省エネ基準
    5.0(cm²/m²)

  • R+house標準
    0.5(cm²/m²)

これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、高気密にこだわるR+houseの標準は0.5(㎠/㎡)です。

R+houseの「高断熱住宅」とは?

高断熱の指標
熱損失係数

Q値

外皮平均
熱貫流率

UA

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部に面する部分(外壁、屋根、窓など)から熱が逃げないように、室内と室外をエネルギー的に区切って(断熱して)いるので、冷暖房効果が高く、快適で環境への負荷も少ない住宅です。
断熱の性能はQ値またはUA値という指標で表されます。値が小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。 次世代省エネルギー基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域=東北の一部~九州の一部では、表の通りです。高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

 等級4R+houseの一例
III地域 IV地域
Q値2.4w/・k2.7w/・k 2.0w/・k
UA0.75w/・k0.87w/・k 0.55w/・k
図

R+houseは、気密と断熱にこだわって、住み心地の良い住宅を実現します!

3

耐震性を重視した住宅

構造専門の建築士と「R+パネル」で地震に強い家を実現

建築士の厳密なチェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。

  • 図
    建物への荷重
    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。
  • 図
    風圧力
    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。
  • 図
    地震力
    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
  • 図
    接合部の確認
    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。
  • 図
    基礎の設計
    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。
  • 図
    偏心率
    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

“面”全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

図図

地震の横揺れにも強く、液状化にも強い地盤改良工法を標準採用

図大地震では、図のように地層も境目に沿って「せん断力」がかかります。従来の鋼管やセメントの柱で家を支える工法は、この「せん断力」には弱いと言われています。

R+houseが全店標準採用している「HySPEED工法」は、地盤に孔(あな)を掘り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法です。砕石孔はせん断に対して追随するので孔自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。

また、強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものですが、HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。

4

しっかりコストを抑えた住宅

衣食住を楽しみ家族の絆を確認できる住宅

住まいは家族とともに過ごす安らぎの場であると同時に、それまで心に描いていた生活をかなえる自己実現の場。
夢や理想がふくらみすぎて、予算オーバーになることだけは避けたい。
住まいだけでなく、旅行やショッピングなども家族と楽しみたいから。 そんな想いを叶えます。

ちょっとした工夫でコスト・バリュー住宅 R+house

注文住宅のコストを上げているのは、高い部材価格やムダ使い、購入の手間、余分な職人さんの手間、長引く工期などです。
「R+house」では、その部分のムダを極力少なくするために幾つかの工夫を行っています。

部材流通ルートの見直し
部材流通ルートをメーカー直送にしました。
工場の生産効率が上がるようなルールでWebシステムにて発注しています。
これにより部材価格の低減が可能です。
設計ルールの取り決め
コストが掛かる設計とコストを抑える設計があります。
注文住宅の設計は、お客様がコストを意識しながら設計専門家と一緒に住まいをデザインすることが大切。
合理的な設計ルールを熟知している建築家がクオリティー高い住まいづくりをサポートします。
1/2レベルの工期短縮
工期が長いとその分の工事経費が掛かってしまいます。
工期を短縮するには工事事務の手間や職人の手間を極力抑えるような上手な設計と職人手配が重要になります。
そのためのルールを設定しています。
営業経費の大幅削減
宣伝広告費や事務経費など建物に関係ない費用を極力抑えています。
「とりあえず敷地調査」「とりあえずプラン」にもコストはかかっています。
「とりあえず…」と無料で実施した分のコストは、実際に家を建てる人の建築費用に上乗せされてくるのです。 R+houseは、この「とりあえず…」で他人のためのコストまで建てる方に負担頂くことをやめました。